パチンコ依存症だった時の思考の癖を見直す方法

どうも現役パチンコ業界人GOOCHIです。

先日、車で通勤している時に後ろから猛スピードで迫ってくる車がいました。

この先は1車線になっており、車線が絞り込まれます。

明らかに追い抜いてくる勢いでしたが、インターバル的にあまりにも無謀な追い抜きであることは間違いない状況です。

そんな状況で、私のアクセルを踏む足が自然と強くなりスピードが上がっていきました。

後ろの車を私の前に入れさせまいという感情が全面に押し出されるかのように・・・。

そこでハッとし、私はスピードを緩めました。

後ろの車は、やってやったぞと言わんばかり急ハンドルで私の前に車線変更をしました。

スポンサーリンク

短期的な考えと長期的な考えとは?

何が言いたかったのかというと、【短期的視点】なのか【長期的視点】なのかということです。

私の場合、パチンコ依存症だったので物事を【短期的視点】に考える癖がついてます。車の運転で私が陥った、相手を入れさせまいとする対抗意識。これこそパチンコ依存症の人がもっている短期的視点という共通点です。

後ろの車が前に出てきたところで私が目的の場所に到着する時間に対して何ら影響を与えないでしょう。

ですが、その時は短期的な考えに陥っており、そんな大きな器で物事を考えられていません。そもそも相手は急いでるんだろうから、こっちは事故に巻き込まれるリスクを回避して譲ってやるぐらいの気持ちも必要でしょう。

ですが、パチンコ依存症の人はこういった考え方が中々できません。

パチンコ・スロットで培ってきた思考の癖や習慣がこういったところにも非常に影響を与えます。

パチンコ・スロットの長期的な考えとは?

パチンコもスロットも期待収支がプラスになるタイミングをひたすら狙って試行回数を積み上げていくことで理論上収支をプラスにしていくといった立ち回りがあります。

愚直にそういった事を積み重ねて収支をプラスに持っていく人は依存症タイプではないでしょう。

少なくとも私はそういった立ち回りは、全くできませんでしたし、しようとも思いませんでした。

頭では分かっているんですが

明日は仕事だなぁ~とか

次の休みまで打ちにいけないなぁ~

とか考えると、とことん打ちたい!今をもっと楽しみたい!次、遊ぶ為の軍資金を!なんて考えちゃう訳で・・・。

その結果・・・

パチスロで勝ってても中々勝ち逃げできなかったり、負けこんでいる時に損切りができなかったり・・・。

勝つことだってできるのに、出来ない。

勝つことができない理由は・・・考え方が短期的だからです。

では長期的な考え方になるにはどうしたらいい!?

それは短期的な考え方になる思考の癖を矯正していくしかありません。

そういう自分の悪い癖に気づけるようになるコトが大事です。

  • 車を運転している時も
  • ご飯を食べている時も
  • 家族と過ごしている時も
  • 寝る時も

あらゆる場面でトータル思考を持つことです。

トータル思考とは物事を長期的に見て、自分にとってメリットがあるのか?すぐに結果が出ないようなことでも、継続することで自分にプラスになることなのか?色々な目線で長期的に考えられるようになる癖を身につけていくことです。

まぁそうは言っても、最初からそんな考え方には中々なれるもんじゃないです。

まずは思考の悪い癖や行動に気づくコトから始めるのもいいかもしれません。

そういった思考の癖は普段から意識しないと気づけません。

その積み重ねがパチンコ依存症を克服することに繋がります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク
現役業界人が教えるギャンブル依存症克服法

パチンコ現役業界人が経験した、重度のパチンコ依存症。
今では、その依存症も克服することができてます。
パチンコ依存症克服の為に必要な行動と考え方を、私の実体験をもとに膨大なコンテンツにしました!
無料テキスト公開中!
パチンコで悩むのはもうやめましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事