パチンコによる借金問題を回避する4つの方法

どうも現役パチンコ業界人GOOCHIです。

 

昨今のパチンコは、厳しさを増して業界が衰退の道をたどっていますが、それでもパチンコ依存症が無くなる訳ではありません。

 

というのも、パチンコは日本にとって以外と身近な娯楽になっています。

全国どこにでもあり、扱っている遊技台もほぼ一緒。朝から晩まで年中無休。(月に2回ぐらい店休日がありますが)

パチンコは、非日常的な娯楽を提供しますが、同時に新たな借金問題や依存症を生み出します。

パチンコは中毒性の高いゲームであり、パチンコをするお金が無くなると、クレジットカードのキャッシュ枠、消費者金融からの借り入れなど、様々な手段でお金を探す行動に出ます。パチンコ依存症のために圧倒的な借金を抱えることになります。

そしてそれは自分自身の問題にとどまらず、家族を非常に困難な財政状況に追い込んでしまいます。

 

この問題に巻き込まれてはいけません。以下の4つのヒントを参考にして、パチンコによる借金問題に巻き込まれないようにしてください!

 

スポンサーリンク

 1. ギャンブルは娯楽であり、お金を稼ぐ方法ではありません。

多くのパチンコユーザーがパチンコで稼ごうとしています。負ける気でパチンコ店に行く人は中々いないでしょう。誰だって勝つ気満々でパチンコ店に足を運ぶはずです。

もちろんパチンコで実際に稼ぐことは可能ですし、パチンコで生計を立てているパチプロも存在するのは確かです。しかし一般的にパチンコでお金を稼ごうとする場合の多くは失敗して、苦労して稼いだお金だけでなく、様々なルートから借りたお金を失ってしまい、後々払えなくなると借金になってしまいます。これが借金問題の始まりです。

パチンコが余暇を埋めるための趣味であるならば、パチプロでもない限り、簡単にお金を稼ぐための手段ではなく、娯楽として遊ぶべきです。

2. 負けても困るお金で遊んではいけない

パチンコはリスクの高いゲームであり、必ず景品を獲得できる方法はありません。だからこそ、生活費や家計を支えるために必要なお金、一生懸命稼いだお金を危険にさらすのはやめましょう。

また、負けてもおかしくないお金で遊んでいると、パニックになりやすくなります。賭けに使うお金が負けてはいけないお金であれば、負けの連打をした時に勝ち筋を追わずに乱暴に賭けてしまうこともあるので、さらに損をしてしまう原因になります。

3. ギャンブル依存症の兆候を発見した場合は、助けを求めてください。

常にパチンコのことを考えていて、少しでも余暇があったらパチンコに行きたいなぁ~と思っている自分に気がついたら、ほとんどの場合、パチンコをやらないという自分をコントロールすることができません。それはパチンコ依存症の強いサインです。

パチンコは、いつでもどこでも気軽に入店できて、気軽にプレイできてしまう娯楽だからこそパチンコをしない自分を止めることを難しくしています。パチンコ依存症に気付いた場合は、できるだけ早く治療を受けるようにしてください。家族や友人に助けを求めるのも良いでしょう。深く依存症になってしまった場合は、専門家に相談してパチンコ依存症から抜け出すべきです。

4. クレジットカードやキャッシングカードの解約

クレジットカードやキャッシングカード、とにかく今財布にない現金を生み出してしまうものを解約しましょう。こういったクレジットカードやキャッシングカードはパチンコ依存症にとってはオプションみたいなものです。

自分でコントロールできない状態になった場合、クレジットカードなどを解約することで、色々と不便になる部分が出てきます。この不便さを利用して、パチンコによる借金問題のリスクを減らすことができます。

 

まとめ

パチンコで借金をしだすと、お金を全て失ってしまった場合に、様々なルートからお金を借りてしまう可能性がある、加算性の高いギャンブルです。

借りたお金は、後になって払えなくなると深刻な借金問題になってしまいます。そうならない為にも、絶対に避けるべきです。

上記の4つのコツを参考にして、ギャンブルによる借金問題を未然に防ぎましょう。

 

スポンサーリンク
現役業界人が教えるギャンブル依存症克服法

パチンコ現役業界人が経験した、重度のパチンコ依存症。
今では、その依存症も克服することができてます。
パチンコ依存症克服の為に必要な行動と考え方を、私の実体験をもとに膨大なコンテンツにしました!
無料テキスト公開中!
パチンコで悩むのはもうやめましょう!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事