あなたの時間は汚染されている
そう言われて、自分の自由な 時間はどれだけあるんだろうと考えた時、焦りや不安を 感じましたか?

 

 

  • もし、 自分の時間が無くてやりたいことが出来ない。
  • 常に 時間に追われている感覚があり不安の毎日を過ごしている。
  • 仕事が 効率よく出来ずに残業続きで時間に余裕がない。
そんな悩みを持ってるあなたの解決策に繋がる書籍を紹介します。
  • 本当はもっと自由な時間があるはずなのに、なぜみんなそこまで余裕がないのはなぜなのか?
  • あなたが「忙しい!」「時間がない!」と感じてしまう理由はどこにあるのか?
  • 焦りを余裕に変える科学的方法とはどんなものがあるのか?
こんな疑問にも応えてくれる書籍です。是非読んでみて下さい!
はい!
ということで、ツイッターやブログ内でも時間術に関して発信活動を続けております。時間のデザイナーゆるねこです。
ゆるねこの金書庫にある一冊の本を読んでみてのレビューはもちろんのこと、実際やってみての体験談などを記事にした内容になります。
スポンサーリンク

週40時間の自由をつくる超時間術

メンタリストDaiGoさんの『週40時間の自由をつくる 超時間術』というのは、実は誰でも簡単に実践するだけで、自由な時間を創り出すものだよ~というのを分かりやすく書かれた書籍です。
DaiGoさんの書籍は他にもたくさんありますが、どれも大変読みやすいので、ちゃちゃっと読んで、ちゃちゃっと実践して、ちゃちゃっと自由な時間を、創り出しちゃいましょう!

時間にまつわる3つの勘違い

1.物理的な時間がない

物理的な時間がないのも、よくよく振り返ると無駄な時間って結構あります。

2.やるべきことが多すぎる

やるべきことが多いというのも実は、冷静になってみればそうでもないことが多く、優先順位の問題だったり、自分がやらなくてもいいことだったり、ここにも無駄が生じて訳です。

3.忙しい人は仕事ができる

そして、日本の伝統習慣とも呼ばれる、忙しい人は仕事ができる。
忙しくしていると仕事をしている感が出るんですよね。暇そうにしている人はサボっているように見えてしまうという自分が作り出している錯覚です。
忙しそうにしている自己アピールでしかないんです。
とまぁ~この3つの勘違いを理解するだけでも、時間に対する考え方変わりますよね。

時間に追われていると常に不安

それでもやっぱり、
2時間に追われている
時間が過ぎていくのが不安で仕方がない
などプレッシャーを感じているあなたに即効性が高いテクニックなんかも本では詳しく紹介されてます。
ゆるねこもいくつか実践しておりますが、DaiGoさんが本で紹介しているテクニックは21個!
さすがにこんな数のテクニックは持ち合わせておりませんでしたが、
本でも紹介されていたテクニックでゆるねこ自身も使っているものを紹介したいと思います。

1背筋を伸ばす

これは最も手軽にできるリラックステクニックですよね。
コツは何気なくするのではなく、目的を持って背筋を伸ばすということを意識的にすることですね。
ゆるねこだからではないですけど、普段は猫背です…。
姿勢が悪い時はやっぱり取り組む姿勢が悪いので、思うようなパフォーマンスが出ないんです。
ふと意識した時に姿勢を正す癖をつけるようにすれば、集中力も高まり、リラックス効果もありの一石二鳥です。

2貧乏ゆすり

貧乏ゆすりは無意識にしている場合はイライラしている時なんかに出やすいですよね。
これは自分の感情が無意識に出ている状態なのですが、無意識ではなく、意識的に体を動かすという意味で貧乏ゆすりは良いとされてます。
なので、貧乏ゆすりではなくてもいい訳で、何かリズムをとって体の一部を動かす行為が、ストレスを軽減することに繋がるということですね。
ゆるねこはよくペン回しをします!
あと、ハンドスピナー!体を動かすとは少し違うかもしれませんが、ストレス軽減に結構効果あります。

3テトリス(ルービックキューブ)

書籍ではテトリスを紹介されてましたが、ゆるねこ個人的にはルービックキューブをオススメします。

テトリスなどの頭を使うゲームを行うと、一時的に脳の処理がストレスから離れてストレスや不安軽減に繋がるそうです。

ルービックキューブに関しては、あんなの全面色を揃えるなんて出来る訳ないだろ~!と思われているかもしれませんが、実はめちゃ簡単です。

 

全面色を揃える手順がしっかりあって、その手順通りにやるとあっという間に全面の色を揃えることが出来ます。

 

これがまた癖になるほど達成感があり気持ちいいんです。鳴れれば2~3分でバラバラのルービックキューブを全面揃えることが出来ます。

4お笑い動画を見る

お笑い動画はゆるねこも定期的に見てます。

 

笑うということがそもそもストレス解消や不安解消に繋がるので、笑えるものなら動画じゃなくてもいいですよね。

 

絶対笑ってします、お気に入り写真とかでもいいですし、漫画とかでもいいですよね。

 

ただポイントは、声を出して笑えるものじゃないと意味がないです。

 

心の底から笑えるもの!

うん!やっぱりお笑い動画がおススメですね!!

5太陽の光を浴びる(外に出る)

これは、是非やってもらいたいですね。ゆるねこも気分転換でよく外に出たりします。

 

やっぱり効果があって、太陽光を5分ほど浴びるだけでもリラックス効果が見込めるそうです。

これはやってた人も多いかもしれませんが、改めてこのように紹介されると、「あ~やっぱりね!」と思いますよね。

 

気分転換は大事です!

6筆記開示

筆記開示と言葉でみると、ピンとこないのですが、筆記開示とはネガティブな思考を紙に全部書くという行為のことです。
①自分の身に起きたネガティブな体験を思い出して
②思い出したネガティブな感情を8分だけでいいので紙に全て書き出す
というものです。
ゆるねこがやっていたのは、ムカついたことや、納得いかないことがあった時に、何が納得いかないのか?感情とか出来事とかを、簡単に紙に書きます。
次に、感情の部分だけ消すと、残ったものが本質的なもので、それを解決するだけでムカついていた感情などが馬鹿らしく思えてしまう。
というようなロジック的な考え方が出来るようになる為にやっています。
今でもたまにやりますが、効果はかなり高いです。何より冷静に物事を考えることが出来ます。
この他にも書籍にはたくさんのテクニックが紹介されてました。
特に時間に追い詰められている時や、不安を感じている時はどれも実践していてかなり効果があります。
是非チェックしてみて下さい。

職場の「時間汚染」に打ち勝つ働き方

ここでピックアップされているのが通勤時間関してなんですが、
通勤時間のストレスが無駄な時間の予兆になったり、生産性を落とす原因になっていたりする訳です。
ゆるねこは、通勤時間往復2時間なのですが、まさにストレスを感じる日々でした。
とにかくだるいし、きついし、遠いし、眠いし・・・・。
もうネガティブな発言しか出てこないような通勤ライフでした。
まぁ~こういったネガティブな思考からはネガティブな結果しか生まれないのは当たり前ですよね。
そこで、通勤時間をもっと有効活用出来ないかとゆるねこがやり始めたのが、スマホの自動読み上げツールです。
車通勤なので、とにかく何も出来ないんです。ほんと音楽を聴くぐらいしかできないと思っていましたが、スマホの便利機能があることを知り、実際にやってみると、便利便利。
運転しながら本を読むことは出来ませんが、聴くことは出来ます。
毎日の通勤2時間が本を聴く勉強の時間になりました。
月に換算すれば、約60時間近い時間を生み出して勉強に充てることが出来ました。
これはでかいです。
今までの通勤時間はストレスしか感じていなかったのが、明日の通勤は何の本を聴こうかなぁ~とか勉強することが楽しくなりました。
時間汚染に打ち勝つ働き方は人それぞれ違うと思いますが、こういった当たり前の時間。
どうにか有効活用できないか?という視点で通勤で消化するのが当たり前という時間にするのではなく、考えることは非常に大切だと思います。
そうやって考えて生み出した時間は、自分の成長として何倍にもなって返ってきますからね。
時間はそのまま使っていても、ただ過ぎ去っていく何でもない時間。
しかし、1人1人が時間と向き合って時間をデザインしていくことは、
自由な時間を生み出していくことに繋がっていきます。
ゆるねこが時間をどうやってデザインしているかを日々ツイッターで発信してます。
興味があれば是非フォローお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事